「家主と地主」目からウロコの賃貸経営情報誌の紹介

こんにちは、マニです。

今回は、成功大家さんの情報源としておなじみの「家主と地主」を紹介します。

非常に優れた情報源であるにもかかわらず意外と知られていないこの雑誌。特に、不動産投資を志す初心者の方はほとんど知らないのではないでしょうか。

不動産オーナのための雑誌ですが、これから不動産投資を始める初心者の方にも非常に有益な情報を与えてくれます。

この機会に、ぜひゲットして一歩上の不動産投資家を目指しましょう。

目次

家主と地主とは

家主と地主とは

「家主と地主」とは、日本で唯一の賃貸不動産オーナー向け経営情報誌です。

毎月発行の月刊誌で、最新の賃貸不動産情報がとてもわかりやすくまとめられています。

「家主と地主」のポイントを紹介

家主と地主.comより、「家主と地主」のポイントを紹介します。

ポイント1 不動産最新ニュースがこの1冊でわかる

資産運用、相続、土地整理、税務など、オーナーが知るべき情報を提供。弁護士、税理士、不動産鑑定士など、士業陣と編集部の強力タッグで、読者のニーズに応えます。新制度の施行、次世代サービス開始など、家主に影響を与える事項を余さずお届け。

家主と地主.com

ポイント2 イラストも図解も満載

不動産オーナーに特化した節税対策、貸宅地整理のノウハウ、経済指標の読み方、ビル賃貸借の注意点など、本誌のカバーするジャンルは多岐に渡ります。

家主と地主.com

ポイント3 毎号揃えたくなる充実の特典&スペシャル企画

空室対策1つとっても、トレンドというものがあります。来シーズン、どう手をうつか?賃貸にまつわる条例や、税制の影響は? 毎号大ボリューム特集を組んでいます。

家主と地主.com

内容充実!!紙面の一部をご紹介

紙面の一部をご紹介

「家主と地主」は毎回色々なテーマを深堀して、新しい情報を紹介しています。

中身が気になったあなたのために、記事の一部をご紹介していきます。

特集記事

毎月、2~3本の特集記事が組まれます。

業界のトレンドを詳しく紹介したり、不動産経営を取り巻く新しい法律や制度をわかりやすく解説したりしてします。

今、日本の不動産賃貸業界で何がおきているのか、この記事を読めば誰よりも早く情報をゲットすることができます。

業界トレンド最前線

空き家問題や超高齢化社会など、これからの日本には不動産投資をとりまく厳しい環境が待っています。

「業界トレンド最前線」では、そんな厳しい環境の中でも新しいサービスや試みをしている企業や投資家を紹介しています。

本やブログでは語られない企業や大家の取り組みが、熱々の最新情報として紹介されています。

毎回ネットではなかなか手に入らない生の情報が満載なので、読み応え十分です。

家主の会 近況レポート

全国には、いわゆる「大家の会」と呼ばれる大家さんのための交流団体が存在します。

自分の住んでいるエリアの大家の会に参会すれば、大家仲間ができ生の情報交換ができます。大家の会は案外、インターネット上でも情報が充実していません。

かくいう私の地元の情報もほとんどありません。

「家主と地主」には全国の大家の会の開催レポートが紹介されています。塾長の紹介や、実際の会合の様子などを知ることができます。

大家の会が気になる方は、毎月の近況レポートを眺めていると気になる団体が見つかるかもしれません。

リフォーム・リノベーションの成功事例

リフォームやリノベーションの実例紹介は色々な雑誌やHPで見ることができますが、賃貸住宅に特化したものはあまり見かけません。

「家主と地主」では、全国の大家さんの成功事例を紹介しています。

コンセプトやデザインの紹介だけでなく、内見者を呼び込むためのテクニックまで紹介されています。

どのようなターゲットに、どんなコンセプトで臨めば入居率を上げ、家賃UPにつながるのかのヒントが至る所にちりばめられています。

仲介会社との上手な付き合い方

出来ているようで、意外とできていないのが仲介会社との上手な付き合い方。

上から目線の物言いや、無理難題を押し付ける大家さんは仲介会社からは嫌われてしまいます。「仲介会社との上手な付き合い方」では、精神論だけではなく実際の事例を交えながら仲介会社の目線にたって上手な付き合い方を紹介しています。

この記事を読んで実践すれば、好かれる大家さんへまた一歩近づくことができると思います。

不動産テックの可能性

まだまだアナログな手法が多いのが賃貸不動産業界。

「不動産テックの可能性」では、テクノロジーの力で不動産にかかわる業務をガラッと効率的にする方法を紹介しています。

最新技術を利用していかに、空室を埋めるのか。

これから、最も成長するであろう不動産テックの最新情報をキャッチすることができます。

このほかにも、さまざまな記事が充実

これまで紹介してきた記事以外にも、

  • 賃貸ステージングの成功事例
  • 家主が導入する定額制サービス
  • 不動産オーナーのための節税の基本
  • 満室に一歩近づくおすすめ商品&サービス
  • 家主のためのITデバイス活用法

どうですか?記事タイトルを見ただけで中身が読みたくて仕方なくなりませんか?

続きは、ぜひ「家主と地主」を手に取ってあなた自身で確かめてみてください。

気になる販売情報をご紹介

気になる販売情報をご紹介

最後に、気になる「家主と地主」の販売情報をご紹介します。

発行日毎月15日
価格750円
定期購読年間8000円
「家主と地主」販売情報

「家主と地主」は1冊750円。これだけの情報量でこの価格は結構お買い得です。

さらに、定期購読なら毎月自宅に届き、値段も割安。過去記事も優良なものばかりなので、バックナンバーを取り寄せてもいいかもしれません。

>>>最新号の購入はこちらから

まとめ

今回は、「家主と地主」の紹介でした。

意外と知られていない情報ツールですが、内容がとても充実していてとてもおすすめです。

「家主と地主」おすすめポイント
  • 賃貸経営の最新情報が手に入る
  • 全国の成功大家さんの知恵がもらえる
  • この情報量でこのお値段!?

これから、不動産投資を始めようとしている人はぜひ一度読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる