不動産投資で不労所得を得ることは可能【失敗しないためのポイント】

こんにちはマニです。

不動産投資から不労所得を得る方法を知りたい…
不動産投資で失敗しないか心配…

不動産投資が不労所得になるのか、知りたい人向けです。
失敗が怖い、、、よくわかります。

今回は、不動産投資が不労所得になるのか、失敗しないためにはどうしたらよいのか、というのを解説していきます。

今回の内容

  • 不動産投資で不労所得を得ることは可能
  • 不労所得を得るために失敗しないポイント
  • 不動産投資の特典
  • 不動産投資は不労所得なのか

私はサラリーマンをしながら、アパートの大家をしています。
将来のために資産を増やし、そこから不労所得を得ることの大切さをお伝えします。

目次

不動産投資で不労所得を得ることは可能

結論、不動産投資で不労所得を得ることは可能です。

簡単な例で仕組みを解説します。

例)ワンルームマンション

価格1000万円 家賃収入6万円/月×12か月=72万円/年

サラリーマンが、この不動産を購入したとしましょう。

不動産投資は家賃収入が安定している

家賃収入から、安定して収入をもらえます。

72万円×0.7(経費30%)×0.7(税金30%)=35万円
35万円÷1000万円=3.5%(利回り)

1000万円の投資で、毎年35万円の不労所得ですね。
多いですか?少ないですか?
銀行にあずけているよりは、ずいぶんいいと思います。
入居者のいる中古物件は、大家になったその日から収入がはいります。

不動産投資は不況に強い

不動産投資は、『資産価値が下がりにくい』です。
株の場合、不況の影響をもろに受けます。

リーマンショック時に50%下落
コロナショック時に20%下落

株は、ハイリスク・ハイリターンですね。

不動産は、土地の価値が下がりにくいので、資産価値も下がりにくいです。
不況だからといって、家賃が半分になることもないです。

ビジネスの仕組みが出来上がっている

不動産投資はビジネスの仕組みが、出来上がっています。
ふつうのビジネスは、収入を安定させるのに時間がかかります。

企業10年存続率=6.3%(10年後に生存している企業の割合)

安定的に収益をあげる仕組みを作るのは、とても難しいということです。

不動産投資は、仕組みが出来上がってます。
物件があり、住みたい人がいれば成立です。

不動産を買いたい人が銀行に相談に行くと、話を聞いてもらえます。
断られることがほとんどですが、門前払いされることはないです。銀行は条件次第では貸しますよというスタンスです。

これがほかの投資、ビジネスになると話が違います。
株やFXのためにお金を借りに行ったら、文字通り門前払いです。お店を開業する場合も、事業計画書を求められます。初めのうちは数百万円を借りるのがやっとですね。

不動産投資は初めてでも、数千万円の融資がつくことは珍しくないです。
ビジネスとして安定していて、リスクが少ないと判断しているからですね。

ビジネスを成功させるためのプロがそろっている

お店を開くと、オーナーはとても忙しいです。
スタッフが育てば仕事も少しは減るんでしょうか、そこまでは相当の努力が必要です。

不動産投資は、必要な仕事をすべてプロに任せてオッケーです。
優秀なプロを見つければ、大家は何もすることがないです。それこそ不労所得ですね。

トラブルに対する対策がそろっている

事業にはトラブルがつきものです。
不動産投資も、いろいろトラブルに巻き込まれます。ただ、対策がある程度、確立されています。優秀なプロに任せていれば、トラブルもほぼ解決します。

不労所得を得るために失敗しないポイント

リスクを把握する

トラブルの対策はそろっていますが、それでも失敗は山ほどします。
失敗を見込んではじめれば、大きく失敗することもないです。

  • 空室期間が長くなり、家賃収入が減る
  • 修理・修繕工事が重なり支出が増える
  • ローンの金利が上がる
  • 災害で建物が壊れてしまう

リスクはあらかじめ、その大きさ(被害の大きさ)を想定しておくことができます。

とれるリスクの範囲を決めておく

リスクの大きさがわかったら、その範囲で始めましょう。

  • リスクの大きさ(被害の大きさ)が1年で50万円の赤字
  • サラリーマンで、本業の稼ぎから年間50万円の貯金ができる

この場合、リスクがおきても失敗することはないですね。その年に貯金ができないだけです。

そして、不動産投資の利益を積み立てておけば、失敗する確率をどんどん下がります。

リスクを小さくする努力をする

リスクは大家の努力で小さくできます。

  • 空室期間を短くするために、不動屋に営業をかける
  • 修理費用を安くするために、安い業者を探す

リスクできるだけ小さくすることで、さらに失敗する確率が下がります。

不動産投資だけの特典

不動産投資は『レバレッジを効かせられる』、という特典があります。
レバレッジとは『てこの原理』のことです。これは、銀行融資と関係します。

自己資金300万円、借入額700万円とした場合、
収入32万円÷300万円=10.7%の利回り

融資を受けると、自己資金が300万円まで減らすことができます。利回りが大幅に改善します。これが『レバレッジを効かせられる』、という特典です。

これは、1000万円の資産を

  • 自分の給料だけで、1000万円貯めて買った
  • 自分の給料で300万円貯め、残りの700万円を入居者に払ってもらった

ことの、違いからきています。
後者のほうが、お金をためる人が増えています。資産がたまるスピードが速くなりますね。これは不動産投資だけの特典です。

 ここは注意!!
この特典にはフルローン、オーバーローンというものもあります。
自己資金なしで、全額借入して入居者にすべての資産を、払ってもらう手法です。資産がたまるスピードは速いです。ただし、ちゃんとリスクを把握しないと失敗する確率があがります。注意が必要です。

不動産投資は不労所得なのか

ここまで、不動産投資の不労所得について解説しました。
最後にわたしの、『不労所得についての考え方』を紹介します。

不動産投資は不労所得ではあるが、労働したほうが良い

不動産投資は、不労所得になります。

ただし、大家の努力で失敗する可能性を、下げれます。
成功すること以上に、失敗しないことが大切です。不動産投資に失敗しないために、大家自ら努力して、失敗する可能性を下げるようにしましょう。

まずはここから始めてください

あわせて読みたい
MaNiUKeruの歩き方|不動産投資の目次
MaNiUKeruの歩き方|不動産投資の目次こんにちは、マニです。不動産投資家をめざす人を応援するために、「MaNiUKeru(マニウケル)」を開設しました。このブログでは、不動産投資家になるために必要な知識を...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる