客付業者は入居者募集のプロ集団【アシストはあなたの仕事です】

こんにちはマニです。

今回のテーマは「客付業者」について。

客付業者と元付業者って結局は同じでしょ。

空室対策に客付は不可欠。客付けを専門にやっている客付け業者さんは空室対策の強い味方です。

今回は客付業者と元付業者の違いや、決めてもらいやすい物件の作り方までわかりやすく紹介していきます。

目次

客付業者とは

客付業者とは

賃貸募集をする業者にはその役割から「客付業者」と「元付業者」の2種類の会社が存在します。

まずはふたつの違いを理解してみましょう。

元付業者

大家さんから直接賃貸募集の依頼を受ける会社です。

元付業者みずから入居者を探すこともありますが、客付専門の会社に賃貸募集を依頼することもあります。

元付業者は賃貸の仲介だけでなく物件の管理をしていることが多く、賃貸管理に伴う管理費や修繕の手配に伴う手数料を主な収入源としています。

入居時の契約業務やトラブル・故障の対応など賃貸管理にかかわる幅広い業務を行っているのが特徴です。

物件管理がメインの会社は周辺環境やほかの入居者の状況などにも詳しく、物件の特徴をより詳しく把握しているところが多いです。

賃貸募集に関しても自分たちが管理している物件を優先して紹介します。

物件の管理が得意な反面、客付けが苦手は会社もあります。

客付けが苦手な会社は「客付業者」とうまく連携して、入居者を募集しています。

客付業者

賃貸募集で入居者を探すことをメインの仕事としている会社です。

元付業者から依頼を受けて入居者を探します。

ひとつの物件や大家(オーナー)については詳しくなく、多くの物件情報を広く浅く所有しています。

物件管理や入居時の契約業務は元付業者が行うので、客付業者は集客である「客付」に専念して業務を行います。

東京などの都市部には客付け専門業者が多く存在します。

客付業者は物件紹介時の仲介手数料や広告料が主な収入源で、客を見つけてくることで収入を得るのでとにかく客付けのノウハウに長けています。

物件の紹介の方法やターゲットの設定など集客のために日ごろからアンテナをはり、情報を収集しています。

それぞれの得意・不得意を理解しよう

元付業者、客付業者にはそれぞれ得意分野があり、反面不得意分野もあります。

どちらがよくて、どちらが悪いと線引きをするのではなくそれぞれの特徴をよく理解して協力をお願いすることが大切です。

不動産投資には元付業者、客付業者どちらの協力も必要です。

違いを理解して間違っても客付けが苦手は元付業者に客付けをお願いをするなど間違いが無いように注意しましょう。

不動産投資で最も避けたいのは「空室」

不動産投資で最も避けたいこと、それが「空室」です。

部屋が埋まらないとその月の家賃収入が入ってきません。

収入が減るというのは考え方によっては、家賃分の経費を支払ったことと同じです。

1年空室だと1年分の家賃を払ったことになります。

空室が続くことは経費を垂れ流しているのと同じです。

3か月空室が続くのであれば、1か月分の家賃でバリューアップをして1か月で入居を決めたほうが利益は残ります。

お金を払うことには抵抗があるのに、入ってくるお金が減ることにはあまり抵抗を覚えない人もいます。

空室が長引くぐらいなら適切な投資をして、さっさと入居を決めたほうがましです。

客付け会社と協力して空室期間が短くする努力をしましょう。

客付業者との上手な付き合い方

客付業者との上手な付き合い方

空室対策には客付業者の力が不可欠です。

ここでは、賃貸募集の集客のプロ集団である「客付業者」との上手な付き合い方を紹介します。

決めやすい物件だと認識してもらう

客付業者は常に多くの物件の情報を持っています。

手持ちの物件情報のうち、目の前のお客さんに最も決まりやすい物件をお勧め物件として紹介します。

すぐに空室を埋めるためには一つでも多くの客付業者に「最も決まりやすい物件」だと認識してもらうことが大切です。

賃貸物件は多くの客付業者に情報が共有されます。

決まりやすい物件は客付業者の間でも取り合いです。

あなたの物件を決まりやすい物件にすることが空室を埋める近道です。

決まりやすい物件は適正な家賃設定とニーズに合った設備の導入が必要です。

そのためにターゲットを設定して、ライバル物件や周辺環境の調査を行いましょう。

どうしてもライバル物件との差別化が難しい場合には広告料をはずんで、報酬面のメリットで差別化することも大切です。

客付業者の仕事を減らす

同じ仲介手数料を稼ぐのであれば少しでも手間は省きたいもの。

客付業者の仕事を減らすお手伝いができればあなたの物件はより紹介しやすくなります。

お手伝いの方法は集客に必要な情報収集を大家自らが行うことです。

物件の写真やマイソクの手配も客付け業者の仕事です。

忙しい客付担当者は一つの物件のために時間をかけて室内の写真をとったり、マイソクを作成することができません。

ありていの資料をもとに集客することになりますが、それではなかなか入居が決まりません。

大家自ら物件の写真を撮り、マイソクを作成することで担当者の仕事は減り、充実した資料で入居付けしやすくなります。

担当者の仕事を助けることで信頼関係も築けますので、必要な情報は大家自身でしっかり伝えることが大切です。

仕事を減らす具体的な方法

客付業者の担当者の仕事を減らす具体的な方法をいくつか紹介します。

どれも難しいことではありませんので、ぜひ実践してみてください。

とにかく写真をたくさん提供する

広告には視覚情報がとても役立ちます。

賃貸募集ではずばり、【写真】です。

物件を探している人は入居後の生活をイメージできる物件に興味を惹かれます。

客付け会社に写真を提供するときは、いかに入居後の生活をイメージできる写真が撮れるかがポイントです。

部屋の中の写真はもちろん、ベランダからの景色や外観、夜のライトアップした建物の姿など見えるものすべて撮ってみましょう。

生活をイメージさせるためには水廻りや収納、共用部やゴミ置きまで包み隠さずすべて撮ります。

理想は内見しなくてもその物件のすべてがわかることでしょう。

写真を撮るときは周辺のお店や駅などそこで生活するときに触れる日常を一つでも多く撮っておくとよいです。

近所のスーパーやコンビニ、カフェや本屋などあなた自身にはなんでもない風景でもそこを利用する頻度が高い人にはとても興味深い情報です。

入居希望者の属性や希望に合わせて、客付担当者がオススメするポイントにも使えるかもしれません。

どんなことが決め手になるかわかりませんので、少しでも多くの情報を写真に撮って担当者に渡しておきましょう。

必要な費用の詳細をリストアップしておく

入退去にかかる費用は事前に明確にしてリストアップしておきましょう。

家賃や敷金礼金は当然のことながら、原状回復の負担やクリーニングやカギ交換などかかる費用をしっかり明記して不明点がないようにしておきましょう。

客付業者もトラブルは避けたいものです。

はじめからしっかりとリストアップしていれば入居後のトラブルが避けられますし、元付業者や大家への不要な問い合わせも減らせます。

必要な費用の詳細をしっかりと明示しておくことで客付業者も入居希望者も安心して部屋探しをすることができます。

物件のアピールポイントは大家自ら作る

物件のことを一番よく理解しているのは大家自身です。

  • どんな人に向けた物件で
  • どこがおすすめポイントなのか

物件のアピールポイントはわかりやすく整理しておきましょう。

アピールポイントが事前に整理されていれば客付業者も物件の特徴を把握しやすいですし、ターゲットも絞りやすいです。

迷っている入居希望者への最後の一押しのネタにもなるでしょう。

客付け業者任せにすることなく大家自らアピールポイントを整理することが大切です。

まとめ

今回は客付業者について紹介してきました。

客付業者は集客のプロ集団です。

彼らが仕事がしやすいように準備しておくことが大切です。

そのためには大家自ら考えて行動し、協力体制を作ってともに集客する姿勢が重要です。

業者任せにすることなく積極的に賃貸経営に参加して満室経営を目指しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる