不動産投資家が税理士に依頼するメリット【税金と戦うパートナー】

こんにちは、マニです。

確定申告の時期が迫ってきました。申請が自分でできるか不安です。やっぱり税理士にお願いしたほうがいいんでしょうか。

不動産投資を始めた人が必ずぶつかる大きなハードル、それが確定申告。

そのハードルの強い味方が「税理士」です。

今回は税理士に依頼するメリットや注意点を紹介します。

目次

不動産投資家が税理士に依頼するメリット

不動産投資家が税理士に依頼するメリット

税理士とは、

  • 会計処理の代行
  • 節税アドバイス
  • 申告書の作成
  • 資産税の申告代行

などを行う専門家で、「税法を駆使していかにお金を残すか」というプロフェッショナルです。

不動産投資はある程度の利益が出るようになると、税金との戦いが始まります。

税理士に税務を依頼することの意味は大きいと思います。

税理士を利用するメリット

実際、税理士に税務を依頼するとどのようなメリットを得られるのでしょうか。

会計処理の煩雑な作業から解放される

会計処理や確定申告書の作成作業は非常に手間の多い事務作業です。

日々の収入や支出を適正な項目に分けて記帳する必要があり、仕訳にはある程度の知識も必要です。

税理士に依頼すれば日々の煩雑な作業から解放され、本業やそのほかの事業に大切な時間を割くことができます。

最新の税法のメリットを得られる

税法は毎年変更します。

耐震や省エネ対策で得られる減税措置や節税対策など、新しいものが次々に登場します。

税理士に依頼すれば最新の税法の情報をゲットでき、税法のメリットを最大限受けられるようになります。

税務調査のリスクを避けられる

税務調査とは確定申告した内容に対して、税務署が内容の聞き取り調査を行うことです。

税務調査で指摘される内容のほとんどは納税者の「知識不足」が要因です。

間違った会計処理をしてしまい修正申告が必要であったり、節税対策だと思ってやっていたことが実は脱税にあたったりします。

悪質だと判断されると罰則を言い渡されることもあります。

税理士に依頼すれば税務上の間違いを失くせますし、万が一税務調査の対象になっても、税理士がしっかりフォローしてくれます。

金融機関の印象が良くなる

不動産投資には金融機関の融資は不可欠です。

金融機関の印象をよくし、融資交渉を有利に働かすために税理士の役割は大きいです。

税理士が申告書を作成することにより、その申告書の内容は信頼されますし適正な節税対策でしっかりと利益を上げていれば健全な経営をアピールすることもできます。

税理士を依頼するデメリット

税理士へ依頼することはメリットだけではありません。

コストがかかる

税理士に依頼すると当然、費用が発生します。

確定申告書の作成だけでも数万円、帳簿の作成から依頼すると15万円以上の費用が掛かります。

決して安くはない費用が発生するので、利益が小さく節税効果が少ないうちに税理士に依頼しても費用対効果はほとんど得られないでしょう。

不動産投資家が税理士を利用するときのポイント

不動産投資家が税理士を利用するときのポイント

不動産投資で税理士を利用するときの注意点やポイントを紹介します。

税理士を利用するときの注意点

まずは注意点です。

不動産投資に詳しくない人に頼まない

不動産の税務処理は独特です。

資産税の取り扱いや消費税還付手続きなど、すべての税理士が不動産投資の税務処理に詳しいとは限りません。

  • 資産管理会社を設立する
  • 相続時精算課税制度を利用する
  • 消費税還付請求をする

どれも専門知識が必要な独特な手続きです。

不動産投資に詳しくない税理士に頼んでしまうと、適正な節税効果が得られません。

税理士には隠し事はしない

税理士に依頼する場合、必要な情報はすべて正しく提供するようにしましょう。

都合のいい情報だけを提供し、都合の悪い情報を隠すようなことでは適正なアドバイスや申告書の作成はできません。

税理士に限らず、不動産投資はパートナーとの信頼関係が大切です。

事業の一部である税務を依頼するのであれば、隠し事をせず正しい情報を提供するようにしましょう。

小さいうちは自分でやってみる

会計処理や確定申告はなにも専門家でなければできないというわけではありません。

規模が小さいうちは会計処理自体の項目も少ないですし、節税するほど利益も出ていません。

税務作業にはある程度の知識は事業家として最低限知っておくべき知識です。

投資規模が小さく個人でできるうちは自分でやってみましょう。

会計処理も会計ソフトを利用すれば個人でも十分行うことができます。

不動産投資にオススメな会計ソフトはこちらの記事をご覧ください。

経営を税理士任せにしない

中小企業の社長に経営状況のヒアリングをすると、「税理士に任せてますから」といったコメントが返ってくることがあるそうです。

税理士に任せているのは、税務的な手続きであって経営とは別物です。

税理士には煩雑な税務処理や、専門知識が必要な節税対策を依頼しているだけです。

税理士に事業の「経営」まで任せるのはやめましょう。

すべての責任者は社長であるあなたです。

税理士の選び方のポイント

次に税理士の選び方のポイントを紹介します。

不動産投資に詳しい人

耳にタコができそうですが、依頼する税理士は不動産投資に詳しい人にしましょう。

不動産投資は資産税など、かなり独特な税法を利用して行います。

  • 不動産投資家としての実績が豊富
  • 自身も不動産投資をして利益を上げている
  • 不動産投資業を取り扱う専門に掲げている
  • 消費税還付手続きができる
  • 融資を受ける際の確定申告書の作成に慣れている

不動産投資に詳しい人に依頼するようにしましょう。

常に最新情報を勉強している人

税法は毎年更新されます。

税理士も常に新しい情報をキャッチしていかなければなりません。

最新情報に疎く、不動産投資を取り巻く社会情勢やニーズにも興味がないような税理士には依頼すべきでありません。

ビジネスマンの基本ですが、向上心があり常に勉強を続けている税理士に依頼しましょう。

柔軟な対応ができる人

不動産投資には家事案分や配偶者専従者給与など、判断に迷うような会計処理がいくつもあります。

投資家それぞれの事情をしっかり把握して、柔軟に適切な対応をしてくれる税理士を選びましょう。

安さを売りにしていない人

税理士の中には依頼料の安さをセールスポイントにしている人もいます。

それ自体が決して悪いことではありませんが、こと不動産投資に関していえば安さを売りにしている人は避けるべきです。

不動産投資の専門知識や実績を持っていない可能性が高くなります。

いくら依頼料が安くても、肝心の節税対策や銀行受けのよい決算書の作り方を知らなくては本末転倒です。

よい税理士の探し方

最後によい税理士の探し方を紹介します。

不動産投資家に紹介してもらう

もっとも有力な方法は、知り合いの不動産投資家に紹介してもらうことです。

成功している先輩大家さんに紹介していもらえば、上記の条件はほぼクリアした税理士に依頼できるでしょう。

管理会社に紹介してもらう

信頼できる管理会社があれば、そこに紹介してもらうのも手です。

管理会社は多くの不動産投資家を顧客に抱えています。

管理会社自身が賃貸経営していることもあります。

不動産投資に詳しい税理士を知っている可能性も高く、知り合いに不動産投資家がいなければ管理会社に紹介してもらうというのもいいです。

税理士紹介サービスを利用する

なにも税理士は近所の人である必要はありません。

確定申告のみの依頼であれば、お付き合いするのは年に一回だけですし、そのために近場にこだわる必要はありません。

必ずしも近場に優秀な税理士がいるとも限りませんし、それよりは遠方でも優秀な税理士に依頼するほうがいいでしょう。

そんなときは税理士紹介サービスを利用するのが有効です。

コーディネーターが条件に合った税理士を探してくれます。

税理士紹介サービスについてはこちらの記事も参考に>>税理士紹介サービスおすすめ3選

まとめ

今回は不動産投資で税理士に依頼するメリットについて紹介しました。

税理士に依頼すると

  • 煩雑な作業から解放される
  • 最新の節税効果を得られる
  • 銀行融資に有利な決算書が作成できる

などのメリットが得られます。

不動産投資で利益が出れば、次は税金との戦いです。

優秀なパートナーを見つけて、税金との戦いを有利に運びましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる