不動産投資初心者の始め方をまとめました【必ず通るべき7ステップ】

こんにちはマニです。

不動産投資、なにから始めていいかわからない…
業者に騙されそうで怖い…
失敗して借金したくない…

不動産投資ははじめたい思っている方は、ほかの投資法にくらべて不安に感じることが多いと思います。
今回は初心者が不動産投資をはじめるためにやるべきステップをまとめましたので、紹介していきます。

今回の内容

ステップ1 不動産関連本を読む
ステップ2 不動産ポータルサイトに登録する
ステップ3 ポータルサイトのブログを閲覧する
ステップ4 ポータルサイトで物件を探す
ステップ5 物件の問い合わせをする
ステップ6 現地に行ってみる
ここまでのステップでの注意点

 

私は不動産投資を始めて1年が経ちました。
まだまだ経歴は短いですが、1棟アパートを購入することができました。

 

あなたにもきっとできる

学習と行動を継続すれば1年でアパート大家になることも十分に可能です。
今回はそんな私が解説します。

 

今回の記事を読むにあたって

不動産投資に限らず、投資の世界は成功することよりも失敗しないことが大切です
今回紹介するステップを踏まなくても成功することは可能です。

ただし、このステップを踏めば失敗する可能性は大きく減ります。
まずは初心者の方は騙されたと思って、このステップ通りにやってみましょう。
(本当に騙されてはいけませんよ)

目次

1.不動産関連本を読む

Free-Photos / Pixabay

いきなり、やる気をそぐような内容ですみません。

不動産投資で失敗しないために知識が必要です。
無知は罪です。

ネットで情報を集めてもいいのですが、不動産投資は情報が多いためネットの情報が初心者にはあっていない可能性があります。
まずは試練だと思って本を読んでください。

不動産投資は学習と行動力が失敗しないためには必要です。
きついことを言うようですが、このステップ1を省略したい人は不動産投資に手を出してはいけません。

最初に読むべき本3冊

とはいえ、関連本には多くのものがあります。
筆者お勧めの本を紹介します。

[新版]まずはアパート一棟、買いなさい!

定番中の定番です。
『不動産投資 本 おすすめ』で検索すると、ほとんどの方がこの本を紹介しています。

不動産投資をするなら一棟アパートから買いましょうという内容です。(タイトルの通りの説明ですが…)

特にサラリーマンが不動産投資で資産を築いていきたいと思うならこの本がおすすめです。
まずはこの1冊から読んでみてください。

 

不動産投資 最強の教科書

後ほど紹介する楽街というポータルサイトにブログを執筆している鑑定士大家さんの本です。
不動産投資初心者が疑問に思うことをひとつひとつ丁寧に解説しています。

鑑定士大家さんはブログもおすすめです。
(この方はすごすぎて、普通の人には再現性がないかもしれませんが…)

不動産投資の教科書1年生

不動産投資について契約前から購入後の物件管理まで順を追って体系的に理解することができます。
上の2冊に比べると内容が少し硬いですが、不動産投資の全体像を把握するのに最適です。

 

まずは、とりあえず読んでみる

本が苦手な方でも最低1冊、そうでない人は3冊全部読んでみましょう。
モチベーションが上がっているなら、あっという間に読み終わると思います。

先ほども言いましたが、このステップは絶対に省略しないでください。

2.不動産ポータルサイトに登録する

geralt / Pixabay

不動産投資には投資家向けのポータルサイトが存在します。
ステップ2ではこのポータルサイトに登録しましょう。

部屋を探すときにはSOUMOやアットホームのサイトを見ますね。
それの不動産投資版と思えってもらえればいいです。

・楽街
・健美家
・アットホーム
・不動産投資連合会

代表的なものはこの辺です。
初心者はとりあえず楽待に登録しておけばいいと思います。

3.ポータルサイトのブログを閲覧しよう

kaboompics / Pixabay

楽街、健美屋といったサイトには現役の大家さんが多数のブログを書いています
このブログでは現役大家さんの実際に体験したネタが多く、本で書いているのとは一味違う有益な情報を得ることができます。しかも全部無料です。

ブログのメリット

・本に比べて一つの記事が短いのでサクサク読める
・いちブログ、いちテーマで伝えたいことがわかりやすい
・現役大家さんの日常を見れてモチベーションがあがる
・本には書いていないような少し細かい内容を学べる

本を読むのが苦手な人でもブログなら続けやすいですね。
空いた時間に少しづつ読んでみてください。

私の個人的なおすすめは

・埼玉サラリーマン大家さん『楽街』
・鑑定士大家さん『楽街』
・赤井誠さん『健美家』

内容も充実していて、自分が大家になったことを想像しながら読むと楽しいですよ。

4.ポータルサイトで物件を探す

coffeebeanworks / Pixabay

賃貸の部屋を探すような気持ちで住んでいる地域の物件を探してみましょう

・所在地
・価格
・築年数
・利回り

利回りという表現が初めのころは理解できないでしょうが、物件を買った場合の儲けだと思えばいいです。
数字が高ければもうけが大きくなります。

まずは近場から

地方在住者で住んでいる地域に物件がない方もいると思いますが、
その時は近くの小規模都市の物件を検索してみましょう。

できれば土地勘があるところがいいですが、見つからなければないところでも構いません。
実際の購入のことを考えて、遠くても片道1時間ぐらいの距離の地域がいいでしょう。

5.物件を問い合わせする

FirmBee / Pixabay

気になる物件が見つかればサイト上から物件を問い合わせてみましょう。
物件の概要書とレントロールと呼ばれる現在の入居者の情報をまとめた資料をもらえます。

まずは概要書を確認する程度で大丈夫です。

業者に連絡するのが不安

そして、初心者が不動産投資を進めるうえで最初の超えるべきハードルがこの物件問い合わせです。

業者から連絡があったらどうしよう。
無理やり買わされるんじゃないか不安。
全くの素人なのに問合せしてしまっていいのだろうか。

なんて思ってなかなか初めの一歩が踏み出せません。
実は私もそうでした。

怖くて問い合わせするまで結構の時間をかけてしまいました。

ですが、まったく心配することはありません。
なんてことはない、ただ資料がメールで送ってくるだけです。

たまに、気の利いた会社(熱心な会社?)があなたのこと(いつ頃購入予定なのか、どんな物件を探しているのかなど)をメール、メッセージで聞いてくることもあると思いますが、初心者であることを正直に話せばいいです。

何件か問合せすればすぐに慣れてしまいます。
気になった物件は片っ端から問い合わせしてみましょう。

6.現地に行ってみる

Free-Photos / Pixabay

いくつか資料を取り寄せて、さらに気になる物件があれば実際に現地に行ってみましょう
その時は実際に自分が大家になるつもりで観察してみてください。

資料をもらった不動産会社を訪ねて話を聞いてみてもいいですが、
初めのうちは無理に尋ねる必要もありません。

散歩に出かけるぐらいのつもりで気楽にいきましょう。
10分ほど建物の周りをうろうろと見て回るだけでいいです。

あまりに挙動不審だと声を掛けられるかもしれませんが、(そんなことまずないと思いますが)
その時は正直にその物件を購入予定で下見に来たといえば問題ないです。

現地に行くと物件だけでなく、周りの環境や建物の管理状態などを肌で感じることができます。
なにより、実物をみることで不動産投資のモチベーションが一気にあがります。

7.現地調査を3回行う

geralt / Pixabay

4~6を3回ほど繰り返しましょう。

ここまでくると業者に問い合わせすることに抵抗を感じなくなります。
また、現地調査を何度か繰り返すと物件を見る目もすこしづつ養われてきます。

業者から送られてくる概要書を見ただけで、これはなし!という判断がだんだんできるようになってくると思います。

ここまでのステップでの注意点

paulracko / Pixabay

・物件資料をもらった会社には、最終的には断りの連絡を入れましょう
・この段階ではまだ物件の購入は避けましょう

まずは信頼関係を築くところから

資料をもらった会社には必ず断りの連絡を入れるようにしましょう。
不動産投資は関係者との信頼関係で成立しています。

問い合わせしただけで、その後の連絡がないと信頼関係を築いていけません。
取引相手だと思って丁寧な対応を心がけてください。

信頼関係が築ければ、いつかあなたに優良物件を紹介してくれる業者になるかもしれません。

物件購入はちょっと待って!!

また、この段階ではいいと思った物件があっても購入するのは避けましょう。
単純にあなたの知識が足りません。

本やブログで知識を積んで、絶対に失敗しないと判断できてから購入しましょう。
成功できると判断したら買うのではありませんよ、失敗しないと判断できたら買うんです。

まとめ

いかがだっでしょうか。
初心者が不動産投資をはじめるステップが分かっていただけたんじゃないかと思います。

2か月以内に実施してみよう

本気で不動産投資を始めたいと思っている人はステップ7までを2か月以内に達成するようにしましょう。
行動を起こせば2か月以内にすぐに達成できると思います。

逆にここまでを2か月以上かかる場合は、モチベーションがさがり不動産投資(購入)に踏み切ることがだんだん難しくなります。
不動産投資は

興味を持つ人が100人いれば、
そのうち行動に移す人が30人、
さらに実際に購入に至る人はたったの2~3人!!

と言われています。

いかんせん、乗り越えるべき精神的なハードルが高いのです。
まずは、モチベーションを維持するためにも頑張って2か月でクリアしましょう。

セミナー参加

不動産投資セミナーに参加すると有益な情報を得られます。
将来のメンターと出合うことできるかもしれません。

ただし、セミナーの参加はステップ7を終えてからでも遅くはありません。

ある程度の予備知識と経験があった方がセミナーで話す内容が理解できます。
参加者と交流するときも実際行動しているほうが有意義な情報交換ができるでしょう。

また、業者主催の物件を売るためのセミナーに参加してしまった時も冷静に物件の概要を見ることができます。
騙されて失敗する可能性を下げることができるでしょう。

ワンルームマンション投資

このステップ7を終える前にワンルームマンション投資をするのはやめましょう。
失敗の可能性がないか判断できないうちは、物件を購入するべきではありません。

不動産投資は相談相手がいると心強い

不動産投資は、相談できる相手がいると、とても心強いです。
ここまで行動した人で、相談できる相手がほしいなと思った方は、【お知らせあり】不動産投資は現役大家さんに相談しようもあわせてご覧ください。

 

ステップ7以降は本人の投資手法によっていろいろと違いますが、学習と行動を続けていれば、自分なりの目指すべき道が自然と見えてくると思います。

失敗しない不動産投資はとても楽しいですよ。
あなたも目指せ大家さん。
頑張ってください。

 

まずはここから始めてください

あわせて読みたい
MaNiUKeruの歩き方|不動産投資の目次
MaNiUKeruの歩き方|不動産投資の目次こんにちは、マニです。不動産投資家をめざす人を応援するために、「MaNiUKeru(マニウケル)」を開設しました。このブログでは、不動産投資家になるために必要な知識を...
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる